業社を通した留学

Education

海外に留学するにはどのようにすればよいか

大学生になると業者を通して留学するという方法だけでなく、学校が留学プログラムを用意しており、それを利用して留学するという方法もあります。 留学に関しては、語学力を上げるための「語学留学」、海外の大学で専攻していることを学ぶ「大学留学」、それだけでなく、海外でのボランティア体験など、様々な種類があります。これに関しては、自分の語学力に合わせたプログラムを選び、無理のないようにしましょう。 また、留学する際の生活に関して、アパートで生活するのと、ホームステイにするのとでも生活が大きく変わります。ホームステイは、言葉が通じないこともありますが、ステイ先の人たちが言葉を理解してくれようとするのは、満足に言葉が通じなくても安心できる点です。それに対しアパート生活に関しては業者との契約から自分一人で行わなくてはならないためある程度の英語力が無ければできません。

今後の日本社会における外国語の重要性は

世界共通語である英語が現在の日本では重要視され、社用語で英語のみしか使わないといった会社も出てきました。しかし、近頃では重要視される言語は英語のみではありません。 現在では中国語、スペイン語なども重要視され始めております。中国語は現在経済大国となり、企業側も最初から中国語を話せる人材を欲しがっています。スペイン語は、もともとスペイン語を母国語とする人々が4億人いるとされ、南米からアメリカに多くの移民が流れており、アメリカのいくつかの州ではスペイン語が第2外国語とされている地域がいくつかあり、アメリカ社会においてスペイン語は重要なものとなってきています。 このように日本の社会において必要な言語は英語だけでなく、時間があればほかの外国語主学んでみてはいかがでしょうか。