英語は世界共通言語

Education

海外留学こそが英語習得の近道

英語はいまや世界中の至る所で話されている言語です。これも世界共通言語と呼ばれる所以でしょう。 それだけ英語の重要性は高いという事なのです。その英語を体得する一番の方法ははたして何でしょうか。 その答えは留学です。海外留学こそが英語習得の近道なのです。 我々日本人は当然の事ながら母国語である日本語を話します。そしてこれまた当然の事ですが、他国語である英語はなかなか話せません。もちろん英語を聴きとることも書く事も読む事も苦手だと言う人は多いでしょう。 母国語ではない他国の言語を習得するには、その国に赴いてその国の人と積極的に交流する事が一番の方法なのです。四六時中英語を耳にする環境に身を置けば、自分の体は自然とその環境に適応するものです。

日本人同士でかたまらない事

留学先へ赴いたら、現地の人と積極的に交流を持つべきです。その国の町並みやそこに暮らす人々に目を向け、その中に思い切って飛び込みましょう。そうやって得られる経験があるからです。 せっかく留学したのに現地の日本人同士でかたまって日本語を話しているようでは、なんのために留学したのか分からなくなります。英語を学ぶためにその国へ行って日本語で話しているようでは本末転倒です。これでは貴重な滞在期間をいたずらに空費するだけです。 現地の人との交流は、あなたに新たな視点や価値観や経験を植え付けてくれるはずです。これが大事なのです。そこで得た経験こそが英語スキルの確固たる土台となるのですから。 これこそがまさに留学の醍醐味と言えるでしょう。